能「現在七面(げんざいしちめん)」山梨・七面山頂の湖に棲む大蛇                                                                                        (古代、部族間闘争で虐殺された七面山神殿巫女の無念の集合体)〔撮影 : 久習會専属カメラマン  野々下洋子〕
能「現在七面(げんざいしちめん)」山梨・七面山頂の湖に棲む大蛇 (古代、部族間闘争で虐殺された七面山神殿巫女の無念の集合体)〔撮影 : 久習會専属カメラマン 野々下洋子〕

 

ようこそおいでくださいました。

 

 

能楽って何でしょう?

 

能楽は、およそ670年前の室町時代に観阿弥・世阿弥父子が大成させた歌舞劇、和製ミュージカルです。

日本各地にいた芸能集団の中でも飛び抜けていたので、時の将軍・足利義満に愛されその地位を不動のものとしました。

 

能楽を構成するものは、

 

謡(うたい)

・万葉集・源氏物語・漢詩・唐詩などを引用し、七五調のリズムを持つ台本(セリフと歌唱)

・最小限の言葉で情景から心情までを最大限に表現

・言葉遊び(ダジャレ、縁のある言葉の組み合わせ)が充実

 

型(かた)・舞(まい)

・人の動作の物真似から厳選・圧縮された粋を集めて美化し、理想的な表現方法として定められたもの

・簡単な型を組み合わせて情景・心理を描写

・ダンスもしくは感情を表現する手段としての動きを、絵画的・彫刻的にまで高めたもの

・白足袋をはいて摺り足・・・神事と同じ厳かな気持ちを表現するために、歩行を芸術レベルまで高めたもの

 ・意味もなく言葉もなく、ただ美しい形がふと現れて消えていくもの

 

囃子(はやし)

・笛・小鼓・大鼓・太鼓のオーケストラ。囃子方同士が無言で掛け合う緊張感と気合が眼目

・自らハーモニーは持たず、演者や謡にハーモナイズし鼓舞するために、いつも「待っている」

・楽器は敬意を込めて「お道具」と呼ばれる

 

能面(のうめん)

・喜怒哀楽の一瞬の表情、もしくは中間的表情(無限表情)を表わして彫られた木製の仮面

・デザインの細部に至るまですべて規範がある

・光と影や見る角度から、深く様々な表情を生み出す

 

能装束(のうしょうぞく)

・直線で着付けられ、舞台という仮の世界で理想化・象徴化された人物や神を表現するための衣

・日本の伝統的文様を洗練に洗練を重ね、集大成したもの

・数々の文様が持つ特徴を十分に生かし活用することで、舞台効果をさらに高める

・「衣装」ではなく敬意を込めて「装束」と呼ぶ

 

これらに日本人の

 

自然信仰、美意識、道徳、価値観、歴史観、武士道、信仰心(仏教、神道、陰陽道)

 

という古代(縄文時代)からのありとあらゆる感性が織り込まれています。

また、過去の悲しい出来事を物語に残すことにより、未来、同じ悲しみを経験しないように、幸せに生きられるようにとの想いを込めて演じられてきた芸能で、およそ670年続く総合芸術として生き永らえています。

 

能の演目は約200曲、全てに物語や教訓があります。

どんな芸能でも様々な分野に細分化されるように、能楽も5つのカテゴリーに分類されます。

江戸時代までは、神事である「翁(おきな)=老体の神が過去現在未来を寿ぐ」を演じてから、全5種類を狂言を挟み順番に丸一日かけて(!)上演していました。

 

1、脇能物(わきのうもの)

神がこの世に来臨して平和な世を祝福する内容です。神事「翁」の脇(=次)に置かれる曲という意味でついた名称です。神格化した松、山の神、ハイテンションな神、龍神などが爽やかに、ひたすら爽やかに(笑)舞います。

 

2、修羅物(しゅらもの)

修羅道(武士が堕ちる地獄)から武将の亡霊がこの世に戻り、自らの最期や死後の苦しみを語り、救いを求める曲です。平家メインの負け組が出る演目は「負け修羅」、イケイケな人生を送った武将のものは「勝ち修羅」と呼ばれます。

能はレクイエムでもあるので圧倒的に「負け修羅」が多く、主人公は「人が戦うことの虚しさ」を訴えます。

 

3、鬘物(かづらもの)

美しい女性が優雅で美しい舞を見せる能です。女性が主人公なので能役者は鬘(かづら=カツラ)を着けるため、「鬘物」と呼ばれます。

源氏物語など古典文学に登場する美女の亡霊、草木の精、天女、100歳の小野小町などが主人公です。友達にいたらちょっと厄介な、かまってちゃん系メンヘラが多いです。

 

4、雑能物(ざつのうもの)

他の4つのグループに入らない演目が分類されます。ハンカチ必須の泣かせる人情物、仇討ち、中国を舞台にしたもの、昼ドラ真っ青なドロドロ愛憎劇などが分類されます。

 

5、切能物(きりのうもの)

鬼や霊獣、心の中に棲む鬼が登場する能です。狐の化物、幼い源義経と天狗の交流、酒好きの妖怪、武将の怨霊などが現れます。

「切」は「最後」という意味で、「ピンキリ」の語源です。

 

                        ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞

 

能楽は、「立体紙芝居」です。

役者が特定の位置でじっとしているのが、紙芝居の各場面に相当します。一人の語り手が声色を変えてセリフやストーリーを説明するところを、能では以下の役どころが担当します。

 

・シテ(主人公:仕手 役を仕るという意味)

・ワキ(「ワキ役」ではなく主人公のわき(そば)に寄り添って、主人公の心に寄り添って物語を進める人、準主役)

・地謡(じうたい:登場人物の代弁、ナレーション)

 

お客様は静止画を観ているような感覚で登場人物に感情移入し、物語を楽しみます。

また、能役者が面束を着して舞う姿は、動く美術館とも言えるでしょう。

 

                          ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞

 

グローバル化を突き進む現代、業績主義、能力主義、個人主義など、社会には多様な価値観が溢れています。時代の素早い流れに柔軟に対応できる素養を持つためには、心身の充実が不可欠になっていくでしょう。

 

江戸時代、武士はいわゆる官僚として政治、経済政策、地方自治のすべてに携わったため、指導者階級としての彼らの精神・身体鍛錬方策として

 

・礼儀作法(能楽と武士道は直結:礼に始まり礼に終わる)

・物語を通じての「仁・義・礼・智・信・忠・孝」の実質理解

・過去に生きた人々の想いを理解

・日本史・日本文化・精神文化の多面的な理解

・最小限の文字数に季節感や道徳が織り込まれた日本語の鑑賞力

・丹田に力を入れることによる身体能力の向上

 

を目指す能楽稽古は必修科目になりました。

ゆえに、能楽に親しむことにより胆力が養われ心身が充実し、日本人として揺るぎない自信をつけることができます。

     

                          ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞

 

それでは、能楽の「鑑賞法」というものはあるのでしょうか。

 

能楽には、決まった鑑賞の仕方はありません。舞台の構成から演出、演者のセリフ・動きに至るまで極端に簡素化されますので、観る人の感性に任せてあらゆる角度から楽しむ自由があります。

演者の気合いを受け止めるもよし、能面・能装束、音楽を楽しむもよし、さらには眠ってしまうのも・・。そこで見る夢もまた、ひとつの舞台なのです。

能の懐の深さを体感し、身を任せて楽しんで頂きたいです。

 

                           ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞

 

能楽の起源は、天照大神を惹きつけ岩戸から出させた女神「アメノウズメ」の舞にあると言われています。滑稽で面白くエロティックだからこそ、岩戸をも動かしたのです。

 

芸術は本来、人間的で滑稽なものです。人も文化も進化するにつれて、それは必然的に失われていくでしょう。

ただ、どんなに進化しようと人間の肉体は変わらないのです。なんらかの形で原点に立ち戻らなかったら、芸術は根無し草になってしまいます。

 

能楽の命を永らえさせているのは、このエネルギーなのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★更新履歴★ 

2019.08.01《講座・講演会他予定》10/3,4,5 おもしろ能楽塾のご案内

2019.07.27《能の物語を読む会・能楽茶話会》8/12 第55回能の物語を読む会、8/18  第70回能楽茶話会の御案内

2019.07.15《講座・講演会他予定》「アナザー・ライフ」ロングインタビュー

2019.07.04《講座・講演会他予定》「コミュニティクラブたまがわ夏休みこども能楽教室」のご案内

2019.07.02《ENGLISH:Noh Performance》《FRENCH:Représentation publique de No》10/15 Noh "Izutsu","Raiden" 

2019.06.17《能の物語を読む会》7/27 第54回能の物語を読む会の御案内

2019.06.06《講座・講演会他予定》「7月国立能楽堂ショーケース」夏休み自由研究プラン のご案内

2019.05.20能楽茶話会》6/30  第68回能楽茶話会の御案内、

2019.05.10《お子様発達支援能楽教室》開講のご案内《講座・講演会他予定》4/25、5/31  外国人対象講演会のご案内

2019.03.16《ENGLISH:Noh Lecture》4/25 "Noh ~The soul of Samurai~ 

2019.02.28《公演予定》10/15 久習會「能「井筒」「雷電」」のご案内

2018.12.08《ENGLISH:Noh Performance》《FRENCH:Représentation publique de No》2/9 Noh"Yorimasa","Genzai-shichimen" 

2018.12.07《公演予定》1/1お正月を寿ぐ能楽公演の御案内

2018.11.26《能の物語を読む会・能楽茶話会》12/22 第47回能の物語を読む会、12/23 第63回能楽茶話会の御案内

2018.11.02《講座・講演会他予定》11/24 かまくら駅前蔵書室主催講座、1/26城西大学エクステンションプログラム、1/29~31おもしろ能楽塾のご案内

2018.09.18《講座・講演会他予定》10/29 おもしろ能楽塾のご案内

2018.08.13《講座・講演会他予定》10/14 「見て聞いて触って楽しむ能楽」の御案内

2018.07.26《講座・講演会他予定》六本木アカデミーヒルズ主催講座「”能”から学びとるビジネス感度」スタッフレポート掲載