能「猩々乱(しょうじょうみだれ)」 
能「猩々乱(しょうじょうみだれ)」 

 

《 プロフィール 》

 

 

宮内 美樹

 

観世流シテ方能楽師

津田塾大学 学芸学部国際関係学科 卒業

 

 

勤めをしていた時、上司の忘れ物を届けに能楽堂へ。生まれて初めて能を鑑賞するも、「動かない!何を言っているのか解らない!」でほとんど寝てしまいました。


「こんな面白くないものが700年以上も続いているのは、理由があるはず」と思い、無謀にも鑑賞翌日から能の稽古を始め、次第に魅了されていきました。

古代からの日本人の価値観、感性、自然信仰、歴史観、道徳などの一切を、瑞々しい芸術に昇華して内包している能。能楽師として生涯携わっていきたいという思いが強くなり、能との出遭いから3カ月後に辞表を提出。能楽師になるための修業を始めました。

 

未だ修業中、一生修業の身ではありますが、能の素晴らしさ、面白さを一人でも多くの方にお伝えするために、日々励んでいきたいと思います。 


どうぞよろしくお願い申し上げます。